三浦市三崎の天然まぐろ産地直送三浦市三崎の天然まぐろ産地直送

マグロの歴史

まぐろ大好きs

私たち日本人がまぐろを食べる量は、世界消費量の4分の1なんです。これだけ多くの消費量だけにもっとまぐろのことをわかってもらえればうれしいです。

食卓に上るまぐろ料理は、一体いつから私たち日本人が口にしてるのでしょうか。遺跡の発掘調査によって判明したもので、縄文時代からとも言われてます。海の生き物なので、遠い昔に食べられていたのも納得です。

しかし、マグロは漁船にのり長い間かけて捕獲する生き物なのに手段のない縄文時代の人がどうして?と疑問になりますが遺跡の中から、動物の骨を加工して作った釣り針が発見されてます。大型の魚を竿一本で釣りあげていたのでは!さすがにそれは無理そうです。

この時代にも、船はあったようです。また、遺跡の中からも動物の骨を加工して作られている銛が発掘されていました。どうやら船に乗り、銛で捕獲していたようです。古い歴史の中でもマグロは愛されていたようです。

お寿司

鮨の由来

お寿司は、保存食からできたもので、発酵させたもの(酢飯)に漬けこんだもの(魚)を表します。すしのすは、酸っぱいの酢にあたります。鮨という字は、「酢」持つ意味で、現代の「寿司」江戸時代末期には寿を司るという縁起担ぎの当て字になります。

握り寿司は1800年前半頃、江戸時代の屋台の職人さんが考案したと言われてます。今までは押し寿司が主で、シャリの上に具をのせて即席でつくったようです。

お刺身

お刺身アラカルト

関東では「お刺身」と言い、関西では「お作り」といいますね。また、関東では赤身の魚が好まれ、関西では白身の魚が好まれる傾向があると思います。世界でもまれで生魚を好む日本人ですが、なぜ生魚を食べる文化になったのでしょうか。

日本は島国、見てのとおり四方に海に囲まれており、いつでも新鮮な魚介類が手に入るという環境にあったため生食する習慣ができたのです。

お刺身のような生食は、小さいお子さんはいつから食べているか気になり、調べてみると大体5歳前後から様子をみて食べさせてるようです。

まぐろ豆辞典

生態

鮪の生態

泳ぐ速度・生息場所・マグロの生態など。

種類

鮪の種類

本マグロ・メバチ・キハダなど、食されてる鮪を紹介。

部位

鮪の部位

大トロ、赤身などの部位を画像で説明。。

消費量

鮪の消費量

日本で食されてる鮪の消費量と水揚げ量。

栄養

鮪の栄養

マグロの健康によい栄養素をご紹介。

料理

まぐろ料理

簡単にまぐろ料理ができるレシピをご紹介。ヘルシーに美味しく!

解凍

鮪の解凍

スーパーで売ってる切り身と違い、通販では新鮮さを保つために冷凍にてお届けしいます。その解凍方法です。

1万円キャンペーン
8.000円以上送料無料

配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。 ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。

お支払方法

支払い方法パーツ

お問い合わせ時間

平日10時~17時
※土曜・日曜・祝祭日はお休みをいただいています。ご了承ください。
お問い合わせはこちら

マーベリー山梨の桃・ぶどう産地直送
マーベリー 桃ちゃん売店
うまコレ食品市場通販