三浦市三崎の天然まぐろ産地直送三浦市三崎の天然まぐろ産地直送

まぐろ豆辞典

まぐろの生態

マグロは、世界中の海域に生息しています。分類は、魚類。その中で、スズキ目 サバ科 マグロ属されてます。世界中の広大な海を泳いでいるマグロですが、泳ぎを止めると生きていけないのです。それはなぜかというと、魚はエラ呼吸です。通常、口をパクパクあけて酸素をエラに通過させて呼吸をします。しかし、マグロは回遊魚と言い、大量の酸素を必要とするので、常に口を開けて多く海水をエラまで流し込み酸素を入れないとならないので泳ぎを止めることができないのです。生きてく上で、酸素は必要になるので泳ぎ続けなくてはなりません。流石に、夜間は速度を落としてます。

マグロは泳がないと生きていけない

泳ぐ速度

最高時速160キロで泳ぐマグロは、海のオリンピック金メダル選手ではないでしょうか!通常80~90キロです。エサの乏しい海洋をいかに餌を捕まえようと高速で泳ぐ能力を身につけることでできたんですね。高速で泳ぐ秘密は、背びれ・胸びれ・腹びれをしまいこむ格納庫(鰭収納溝)をもっており水の抵抗を防ぐことが できます。そして強力な尾びれでダッシュ!泳ぐ姿は、水族館なので見かけたこともあるとおもいますがとても綺麗な泳ぎをしています。

まぐろは海の金メダル

生息場所

冒頭で、マグロは世界中の海に生息してるといいましたがまぐろの種類で生息活動地域が異なります。クロマグロとミナミマグロは成長すると北半球と南半球とで完全に分かれます。キハダとメバチは同じ海域にいますがキハダは表層、メバチは中層と垂直(縦)に分かれます。ビンチョウは赤道を超ず、北半球と南半球に独立してます。

水温15度前後の海を生活の場としてるので夏は水温の低い北へ、冬は水温の上がる南へと移動します。体温は20度から18度だそうです。

まぐろの生息活動

産卵と寿命

水揚げされるマグロは平均100キロ前後、7~8才ぐらいです。マグロの寿命は、約20年から30年ぐらい。

産卵は、まずメスが産卵場に行き群で円を描きながらゆっくりと泳ぎながら(ここでもマグロは泳ぐのをやめません)直径1mm~2mmの卵を産卵します。続いてオスの群が精子をふりかけ、受精卵が海面に浮遊しながら一日でふ化します。卵は透明で、他の魚に見えないので食べらる心配がありません。。

1万円キャンペーン
8.000円以上送料無料

配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。 ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。

お支払方法

支払い方法パーツ

お問い合わせ時間

平日10時~17時
※土曜・日曜・祝祭日はお休みをいただいています。ご了承ください。
お問い合わせはこちら

マーベリー山梨の桃・ぶどう産地直送
マーベリー 桃ちゃん売店
うまコレ食品市場通販